めんどくさいけどでかけたい

ファミリーキャンプ、おでかけ、育児など

撤収時間を短縮したくてFLEXTAILGEAR MAX PUMP のことを調べた

キャンプ撤収が遅いです。最初のうちは、慣れないから時間がかかっていると思っていましたが、最近はだいぶテキパキ動いてるつもりがあっという間に時間が過ぎていく...。

 

改善ポイントはどこだ?と考えたところ...インフレータブルマットの空気抜き。家族3人分のマットとして、Hilander(ハイランダー) インフレーターマットのダブルを1個、シングルを1個を連結して使っています。

 

 
一回ざっくりたたんで空気抜いて、端から空気抜きながら巻き直して、袋に入らなければもう一回巻き直し...と、2枚片付けるのに下手したら30分くらいかかっているかもしれません。
 
加えて、しんどい。冬でもこれやってると軽く汗かいてくる。夏にこれやるのとか想像するだけでげんなりします。
 
そこでインフレータブルマットの空気抜きができる電動ポンプを探したところ、FLEXTAILGEARのMax Pumpがお手頃でよさそう。
 
ただ、Max Pump 2とか2020とかPLUSとかEPSとか、何がどう違うのかめっちゃわかりにくいネーミング...公式サイトみても比較表は見つからず。
 
特にAmazonに載ってる比較表で、2020に圧縮機能が「あり」と「無し」の表があり(2021/3/31現在)、混乱しました。結局2020を購入しましたが、「あり」が正解です。
 
たぶん、 このAmazonの説明に載ってる比較表が正しそう(2021/3/31現在)。


FLEXTAILGEAR - MAX PUMP PLUS 持ち歩けるエアポンプ

 

比較ポイントは防水機能の有無、流量、あとこの表にはないけどモバイルバッテリーとして使えるか、スイッチ形状も違うようです。そしてEPSが付くとUSB端子がType-C。ややこしいわ!

この表に基づくと

防水機能:「2」 > 「PLUS」。「2020」は防水機能なし

流量:「2」>「PLUS」= 「2020」 

圧力:「2」>「PLUS」= 「2020」 

重さ:「2」<「2020」<「PLUS」

ですね。

MAX PUMP 2が最上位モデルということになるでしょうか。 

 

うちが買ったのはAmazonのこちら↓商品タイトルに書いてないけど2020。わかりにくい!


FLEXTAILGEAR携帯式エアーポンプ

 

f:id:ellipta:20210331062925j:plain

実物です。収納袋付き!

インフレータブルマットに使うゴムノズルの直径は22mm。

 

f:id:ellipta:20210331064646j:plain

 ハイランダーのマットの空気孔だとややブカブカしましたが、吸引できました。

ざっくりたたんで空気抜く(手動)→電動ポンプ吸引→端から巻く→仕上げに吸引、という手順で、いつもパンパンで入れづらかったマットの収納袋がスカスカに!

 

リンク先の情報が変わったりもすると思うので、購入する方は間違いがないようご確認をおすすめします...!

 

 

 

↓ランキング参加中。クリックするとファミキャンブログのランキングページが開きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村