めんどくさいけどでかけたい

ファミリーキャンプ、おでかけ、育児など

テント内の防寒対策を振り返る

寒い時期(11月)に初めてテントでお泊まりしてきました。冬用シュラフは買わずに「プチプラで」「コンパクトに」乗り切ろうと工夫した結果、コンパクトに...はあまり達成できませんでしたがかなり快適に過ごせました。1月にもテント泊予定があるので、防寒対策を練るためまとめておきます。

課題はなんと言っても3才娘。布という布に覆われることを徹底的に嫌い、常に涼を求め続ける彼女に、どうすれば風邪をひかせずに済むか、が最大の課題です。

なお、娘がある程度大きくなるまでは、冬は電源サイトのみかなと思っています。

f:id:ellipta:20201118165554j:plain

今後の対策のために、温度計を持って行きました。結果、夜明け前の外気温は5度(ウェザーニュース調べ)、テント内温度は9度。寝袋内は、体感ぽっかぽかでした。 

 

テント内に敷いたのは以下。地面から順に。

  • 断熱ピクニックマット(表がフリース、裏が銀色のやつ。薄手)
  • ホットカーペット(1畳。寝た時の腰〜足あたりに配置)
  • ハイランダーのインフレータマット(5cm厚)
  • Hill Stoneの激安3シーズン用シュラフ
  • Bears Rockのインナーシュラフ「くるむん」

 

断熱シートは、ホットカーペット用の極厚マットを買ってみたのですが、かさばりすぎて持っていくのを断念、ピクニックマットに変更しました。持ち運び用じゃないものを買うもんじゃないですね。買い物失敗しました。

 

プチプラじゃなかったのはハイランダーのインフレーターマット。多分これとホットカーペットがいい仕事しました。一度ダブルでお泊りしたところ、3人では狭かったので、シングルを買い足して連結しました。

 

Hill Stoneのシュラフは問題なし、コスパ良し。夜中に寝相の悪い娘をシュラフ内に設置し直すお仕事が度々発生するので、連結必至です。

ellipta.hatenablog.com

 

ブランケットとして、Bears Rockのインナーシュラフ「くるむん」。送料無料の値段合わせで買ったサポートバッグがマット類をまとめるのに重宝しました。Bears Rockはついてきた取説や情報紙が丁寧で、なんだか好きです。ゴリラかわいい。

 


さらに、不安だったので直前に買い足したセラミックヒーター、寝ている時に布団から出てくる3才娘用に半袖のフリース素材のスリーパーを持って行きました。

 ヒーターは、寝る前は全く使わなかったけど、朝寒かったのであって良かった。ただ、弱にしても送風の勢いが強すぎて乾燥しそうなので、寝てる間ずっと付けるのはきつい。

自宅では、冬寝る時はオイルヒーター派だけど、テントにオイルヒーターは不向きっぽいし重いし、パネルヒーターとかがいいのかな。次回まで要検討。

 

ちなみに娘は、9度のテント内でも、シュラフから飛び出し、冷気が入ってくるテントの出入り口のファスナーの隙間にピンポイントで顔を押し当てて寝ていて、気づいた時は怖ろしかったです。どれだけ涼を求めているのか...。

 

今回得た知見。

  • シュラフ内は十分暖かいけど、テント内の空気をゆるーく暖め続ける何かが欲しい。
  • 娘は寒くても飛び出る。できるだけ娘をテント端から離して配置する。